最大の強みは「男」

強み弱みの分析を紹介したのだけれど、
誰でも持っている最大の強みというのがある。
それは「男である」ということだ。何故か?

まず結婚を前提に入れたとき、
男のほうは女に比べて断然余裕がある。

40歳過ぎてから結婚してもいいし、
50歳で結婚したってまだ子作りは十分出来る。

女はそういうわけにはいかない。
女にとっては若さこそが最大の資産。

残酷なことに「花の命は短くて」というとおり、
一日でも早くいい男をつかまえて結婚に持ち込まないと
同性との勝負に負けるし、
30歳も過ぎるといよいよ深刻になってくる。
(ただ多くは30歳過ぎると一度落ち着いてしまって、
35歳くらいでまた焦り始める)

男は定職にさえ就いていれば、
40歳まで遊びほうけていても全然かまわないし、
仕事や人間関係の地盤固めとかいう任務があるから、
合コンは遊び半分でかまわない。

さらに男は歳を取っても、
「ちょいワルオヤジ」でも「渋いオヤジ」でも、
オヤジキャラでやっていける。
実際オヤジはモテることが多い。

反対にオバサンがモテるのはさらに年上の男にだけだ。

35歳過ぎた女に
「可愛いね」なんて言ってくれるのはジーサンくらいだ。

さらに男はいくら歳を取ってもバカなままで許される。
一応の社会常識を踏まえた上でバカやっていれば、
少年の心を持った人とか言われて好感度も上がる。

女子は歳を取ってバカやっていれば、
バカ女と呼ばれ軽んじられる。
そのほか挙げ出せばキリがないが、

とにかく男であるってコトは
合コンの場において絶対の強みになるんだ。


前ページ<< >>次のページ

1章のTOP

メインに戻る

Copyright (C)