女子は疲れている

以上見てきたように、
女子は限られた時間で女子社会で勝利しなければならないという
24時間臨戦態勢であることに加え、
ライフスタイルそのものも男子に比べて格段に厳しい。

「恋も仕事も全力投球」という、
まぁこれは雑誌の煽りなのだけど、
もともとそういうものに影響を受けやすい女子は、
本当に恋も仕事も全力投球しちゃうのだ。

恋だけしていたのでは半人前、
仕事だけしていたのでは
「仕事しか楽しみのない可哀想な人」と呼ばれる。

結果として多くの女子が非常に疲れている。
女性向けのヒーリングサロンが流行するのは、
こういった事情によるものなのだ。

女子が男子を見る時に一番最初に思うのは
「この人は私を楽にさせてくれる人かしら」というものらしい。

つまり、
「女同士の戦いから守ってくれて、
生活の面倒を見てくれて、
社会の荒波から守ってくれる人かどうか」
というのを重要視するそうだ。

早い話が「優雅な専業主婦希望」という贅沢な発想なのだが、
これが多くの女子のホンネである。

だから現代の潮流である「男女共同参画」なんて、
彼女たちにとっては迷惑そのものなんだ。
これから合コンで勝ち組になれる男子の素養として
癒し系というのが入るだろうな。

癒し系なんて一昔前なら女子が狙っていた路線だが、
今は男子のほうに求められるだろう。

試しに
「俺、何が何でも男女平等って反対なんだよね。
家庭に入りたいっていう女の人の意見は尊重しなきゃいけないし、
俺たちも応援しなきゃいけないと思うんだな」
とかホザいてみればよい。

結構好印象を持って見られるはずだ。


前ページ<< >>次のページ

2章のTOP

メインに戻る

Copyright (C)