女子は等身大の自分が見えていない

等身大の自分をきちんと見ることは男女ともに難しいものだ。

しかし男子と女子では等身大の自分の見方が違う。
男子は「今はさえないけれど将来いつか花を咲かせてみせる」
というように、未来に向かっての自分を見ている。

だから、
今現在の自分に関しては割と客観的で
等身大の自分を見ている場合が多い。

反対に女子は遠い将来に夢を見ることができないせいもあって、
今現在の自分自身を非常に高く評価する傾向がある。

いつか某ポータルサイトのパートナー募集の掲示板を見て
唖然としたことがある。

「本当に今の男たちは女を見る目がない!
私より格下の女が私より先に結婚していくなんておかしい!」
と不満をぶちまけている人がいた。(本当だよ)

自分がイメージする自分の姿が
現実から完全に遊離しているものだから、
ほかの女が自分よりちやほやされているのを見ると憤激する。
分不相応な高望みをする。
当然、男が寄りつきにくくなる。

その結果、ほとんど全ての女子の口癖
「いい男がいない」というグチになる。

男子にとっては面白くないことこの上ないが、
女子は地に足が付いていないのだと思えば、
さほど腹も立たない。

ただ、女子のこうした性行は理解しておいたほうがよいだろう。


前ページ<< >>次のページ

2章のTOP

メインに戻る

Copyright (C)