メールと電話を合理化しよう

順調に交際が進み始めたら、
とりあえずメールと電話はマメにしておこう。

ケータイの無かった昔は、
電話(留守電メッセージなど)ありきだったが、
現在はメールが主体だ。

しかし毎日何本もメールを打つのは面倒なので、
最近始まったサービスで「時間指定メール」というのがあるから、
朝、昼、夜、寝る前などに送信されるように
まとめてセットしておけば負担は軽くてすむぞ。

あとドコモの2in1サービスも便利だ。
メールアドレスが2つ持てて、
サブアドレスのほうは端末暗証番号を打たなければ
読むことは出来ない。

だから誰かと付き合いながら別の合コンに出て、
別の子とアドレス交換しても、
サブアドレスのほうを教えておけばバレずにすむし、
混乱もない。

さらにもう一人追加のときには、
ライブドアのプチメールというサービスがある。
収集がつかなくなったらMNPで他キャリアに乗り換えてもいい。

電話はやはり時間を割かなければ出来ないから、
省力化は難しいけれど、
基本的にこっちが電話したいときにだけ電話するのが理想なので、
普段は多忙を理由になるべく留守電にしておくのがよいだろう。

男子たるもの恋愛は楽しんでも恋愛にのめりこんではいけない。
なにしろ恋愛の手練手管に関しては女子のほうが数段上なのだ。

楽しく付き合っていても、
もっといい女子がつかまったら即座に乗り換えできるように
常に冷静さを保っていよう。


>>次のページ

6章のTOP

メインに戻る

Copyright (C)