女子の相談に結論はいらない

女子と仲良くなり出すと、
よく「相談があるんだけど・・・・」と言って、
悩みを打ち明けてくることが多い。
大抵は仕事や人間関係の悩みというか愚痴だ。

もちろん男として耳を傾けてやるべきだが、
注意するべきことは、
女子が求めているのは結論とか意見ではなくて、
「共感」と「同意」なんだ。
この辺が結論を出すために
懸命に考える男子の「相談」と決定的に違うところだ。

だからたとえば女子から
「会社の上司が凄く嫌な人でぇ・・
こんなに残業しているのに・・・・
してくれないし・・・」とか、
まぁ愚痴り始めたとしても、
決して「その上司は君のことを思っていればこそ云々」とか
諭すようなことはNGだ。
ただ一言、
「ひどい上司だね。君も辛い思いしているんだな」これでOK。

あとは「そうなんだ」「わかるよ」「それは辛いね」とか、
こんな感じで返していけば女子は安心するんだ。

その子にしたって、
まさか会社に乗り込んで
上司と対決してもらおうなんて思っていないんだから。

ほかには女子が何かを始めようとするときに、
「どう思う?」とか相談してくることがある。

ここで男がやるようにリスクを分析して、
次善の策も考えて提案するなんてことはNG。

女子のほうは実行することは既に決めていて、
うまくいかなかったときの責任を自分で取るのがイヤだから、
男子に相談しているんだ。

なので
「大丈夫!きっとうまくいくよ」だけで十分。
もし彼女が失敗したらどうするって?その時はその時さ。

番外編として、
「会社の先輩から告白されたんだけどぉ」と
意味深に相談してくることがある。

これはアナタの好意を確かめようとして、
フカしているケースが多い。

これについては
「人の気持ちってやつは止めようがないからね。」
とクールに返しておこう。

本当に悩んでいるならわざわざアナタの所に相談にはこないよ。


前ページ<< >>次のページ

6章のTOP

メインに戻る

Copyright (C)