アナタはスペシャル〜終わりに〜

驚くかも知れないが、
現代は女子にとって空前の恋愛結婚難時代だ。

まず男女の数はほぼ同数なんだけど、
男のほうに、ニート、引きこもり、完全二次元愛の人などが多いから
これは恋愛対象から除外される。
残った一人前の社会人も結婚に関しては焦っていない。
女子は29歳までに結婚するのがまず大目標になっている。

こうしてみると、
女子は限られた時間で勝負を付けなければならず、
しかも「出会いー恋愛ー結婚」という古典的な幻想を未だに持っているから、
実に大変なんだ。

そんな場で、
女子と対峙できるアナタは凄くスペシャルな存在だということだよ。

だって、
働いていて、
収入があって、
前向きに生きているんだから、
それだけで立派だよ。

モテるテクニックというのは、
このシリーズの最初に書いたが、
ちょっとした工夫や努力で断然モテぶりが違ってくるものなんだ。

このシリーズで何度も強調して書いてきたことを、
箇条書きにしてまとめておこう。

1 誰でもちょっとした努力や工夫で見違えるくらいモテる
2 人間界では男子が女子を選ぶのが基本。
3 女子のペースでの恋愛をしない。
4 交際期間は三ヶ月で1サイクル
5 逃げるときには一切の情けは禁物

とにかく、
色々な女子と付き合ってみることだ。
たまたまタイプの女子がいたとして、
熱烈に恋して結婚したはいいけれど、
これがとんでもない粗悪物件で、
一生を台無しにしたという男子は数多い。

最近、芸能人でも筆者の周りでも増えてきているのが、
40歳を過ぎてから20代後半の女子と結婚する人。

このパターンが男女双方にとって理想なのかもしれないよ。

男子のほうでも仕事が順調なら年収はそれなりだから、
女子の専業主婦指向にもピッタリはまるし、
はっきり言って嫁というのは明るい家庭を作ってくれればそれで十分なんだ。

今後この傾向が続けば三十路女が宙に浮いてしまうがそんなのは関係ない。

だから男子たるもの、
若いウチには仕事に、
趣味にどんどん打ち込んで欲しい。
そして合コンを通して女性経験をどんどん積んで欲しい。

女の10人や20人、
自分の人生のコヤシにするくらいの気持ちで頑張って欲しい。

最後まで読んでくれてありがとう。健闘を祈っています。


前ページ<<

8章のTOP

メインに戻る

Copyright (C)